コストを抑え、遠隔管理・操作が可能な クラウド型デジタルサイネージ

紙メディアでは対応しきれない
動きや音声などの「不足」を、
デジタルメディアで補っていきます。

印刷用データに動きや映像・音声を加えることで、情報により付加価値がつき、デジタルサイネージから、さらにはスマートフォンなどへとリンクさせることで
利用者の利便性や、ターゲットへの情報到達度を向上させます。
印刷物からモーショングラフィックまでリンクする。それがファビオのクロスメディア戦略です。

クロスメディアイメージ クロスメディアイメージ

通常のデジタルサイネージと
クラウド型デジタルサイネージの違い

通常のデジタルサイネージの場合

コンテンツを作成する


コンテンツを作成する

データをUSBにいれる


データをUSBにいれる

USBメモリをディスプレイに接続する


USBメモリを
ディスプレイに接続する

コンテンツがディスプレイに表示される


コンテンツが
ディスプレイに表示される

クラウド型デジタルサイネージの場合

>コンテンツを作成する


コンテンツを作成する

専用クラウドにデータをアップロードする


専用クラウドにデータを
アップロードする

映像受信機にダウンロードされコンテンツがディスプレイに表示される


映像受信機にダウンロードされ
コンテンツがディスプレイに表示される

インターネット経由で
迅速な情報発信が
可能に!

デジタルサイネージ活用シーンの広がり

インターネットを使った遠隔操作による管理・運用で、サイネージの設置場所にいなくてもコンテンツの変更がいつでも自由に行えます。
価格を抑え、手間をかけず、タイムリーな情報発信が可能になったことで、様々なシーンで活用できるようになりました。

販売促進用として活用

飲食店/小売店/商業施設/カーディーラー/スーパーマーケット/銀行/不動産など

販売促進用として活用

情報発信用として活用

公共施設/企業オフィス/大学/病院/ホテル/観光施設/博物館・美術館/駅構内/空港内/展示会場など

情報発信用として活用

配信用コンテンツ作成から運用・管理まで
すべてファビオにお任せください!

お客様のお手間をかけることなく、デジタルサイネージの運用が可能となります。

配信用コンテンツの作成

当社ではコンテンツ制作に必要な体制が整っています。モーショングラフィック、映像の撮影から編集・制作まですべて当社にお任せください。

配信用コンテンツの作成

運用管理

当社にて情報を伝えたいターゲットに合わせて日時を指定し、配信スケジュールを作成します。このような遠隔操作によって映像を配信していきます。

運用管理

※お客様にて運用していただくことも可能です。

アフターサービス

機器に不具合が起きた場合や、操作に関するご質問など、お客様が安心して運用いただけるようアフターサービスをご用意しています。
遠隔操作が可能なクラウド型デジタルサイネージなので、ご担当者さまが設置箇所まで駆けつけられない場合でも、当社契約のエンジニアが代行し、円滑な保守運用をご支援いたします。

ファビオが提供する
デジタルサイネージの
特徴とメリット


訴求力の向上

印刷データに動き・映像・音声を加えたものをデジタルサイネージで配信することにより、ターゲットの視覚や聴覚を引きつけ、さらなる訴求力のアップが見込めます。また、タッチパネルタイプのデジタルサイネージを利用すれば、対話型(インタラクティブ)のコンテンツ配信が可能となり、言語の切り替えなどで訪日外国人旅行客に対応ができます。さらにはQRコードなどを映し出すことでクロスメディアへの展開も可能になり、ターゲットに幅広くアピールすることができます。

訴求力の向上


コストの削減

従来の環境では、サーバーや情報システムの自社設備に大型投資が必要でした。ファビオのクラウド型デジタルサイネージは、大型投資を抑えて訴求力のあるコンテンツを提供します。また、印刷データを流用することでさらなるコストダウンを図ります。

コストの削減


遠隔操作による配信

USBメモリ等で映像を映し出すサイネージでは、状況に応じたタイムリーな情報更新ができません。インターネットで随時更新可能なクラウド型なら、ターゲットに合わせたコンテンツを曜日や時間帯を指定して遠隔から配信することができます。

遠隔操作による配信


デイリーコンテンツ自動配信

毎日のニュースや天気予報をご提供することが可能です。オリジナルコンテンツの合間に配信することで、アイキャッチ効果を高めることができます。「占い」など、約30コンテンツが自動配信されます。

デイリーコンテンツ自動配信


安心のアフターフォロー

機器に不具合が起きた場合や操作に関するご質問など、お客さまの不安や疑問を解消するアフターサービスをご用意しています。当社契約のエンジニアが駆けつけますので、ご担当者さまがすぐに対応できない場合でも安心です。

オンサイトサービス

全国422箇所のサービスステーションから、当社契約のエンジニアがサイネージ設置場所へ直接訪問し、サポートや問題解決を行います。
※ご利用には別途保守契約が必要です。

センターサービス

コールセンターからお客様の様々なお問い合わせにリアルタイムでご対応します。

ご利用シーンに合わせて
最適な表示機器をご提案

お客さまのご要望をお伺いし、メーカー、サイズ、仕様など最適な表示機器をご提案させていただきます。

ディスプレイ

通常ディスプレイやスタンドタイプ、天吊タイプなど様々な種類がございます。どのような場面で使いたいか、お気軽にご相談ください。

ディスプレイ

プロジェクター

単焦点プロジェクターからハイエンドまで、設置環境に合わせたプロジェクターのご提案が可能です。

プロジェクター

STB(映像受信機)のご紹介

クラウド上の映像データをダウンロードするための受信機。ディスプレイに接続して使用いたします。

ADMINT STICK


ADMINT STICK

無線LANのみの低価格超小型スティック型。

RDS XM BOX


RDS XM BOX

無線LANはもちろん、有線LANも使える小型ボックス型。

SKNET BOX


SKNET BOX Wi-Fi

SKNET BOX 3G

2種類からお選びいただけます。

RDS SH BOX


RDS SH BOX

タッチパネル対応の次世代型ボックスSTB。

クラウド型コンテンツ配信サービス
費用一覧

サービス利用料

初期登録料 初回のみ 35,000円
基本サービス料 月 額 4,800円/台
年 額 57,600円/台
オプション:タッチコンテンツ利用料 月 額 2,000円/台
年 額 24,000円/台

STB(映像受信機)購入費

2.4GHZ
(無線LAN)
5GHZ
(無線LAN)
有線LAN 3G回線 タッチ
対応
料 金 備 考
【1】 ADAMINT STICK スティック型 35,000円/台
【2】 RDS XM BOX ボックス型 46,000円/台
【3】 SKNET BOX Wi-Fiモデル ボックス型 62,000円/台 リモコン無:▲5,000円
【4】 SKNET BOX 3Gモデル ボックス型 78,000円/台 リモコン無:▲5,000円
【5】 RDS SH BOX ボックス型 57,000円/台

※ご利用システムとSTBは、リコージャパン株式会社製のものとなります。

映像表示機器

モニターディスプレイ お客様のご要望に合ったディスプレイを
ご提案いたします。
プロジェクターディスプレイ

運用

コンテンツ作成 別途お見積もり
運用 別途お見積もり

オンサイトサービス(保守サービス)

【1】 ADAMINT STICK 購入したSTBに対応した保守サービスをお選びください。
保守対象:STDハード、オンサイトサポート
年 額 26,200円/台 2年契約
【2】 RDS XM BOX 31,500円/台
【3】 SKNET BOX Wi-Fiモデル 27,200円/台
【4】 SKNET BOX 3Gモデル 32,500円/台
【5】 RDS SH BOX 32,500円/台

※コールセンター(リコージャパン株式会社)での電話対応は無料です。保守費用は発生いたしません。
※保守サービスは、リコージャパン株式会社が対応いたします。

設置

STB設置の訪問基本料 12,000円/拠点
STB設置作業 6,000円/台
操作教育 お客さまで運用・管理される場合 50,000円/回

※モニター設置に工事が必要な場合は別途お見積もりをさせていただきます。
※上記サービスはすべて株式会社リコーならびにリコージャパン株式会社が提供するサービスとなります。